睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸停止、または低呼吸を起こす病気のことです。

  •  いびきがうるさい
  •  日中の眠気がある
  •  朝起きると体が重い

上記のいずれかがあれば、
睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)が疑われます。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まり、十分な睡眠が得られないことによって日中の眠気を催します。

症状としてはほかに

  •  倦怠感
  •  熟睡感が無い
  •  起床時の頭痛
  •  ED(勃起不全)
  •  夜中に何回もトイレに行く

――などがあります。

きちんと治療しないと、交通事故、高血圧や糖尿病、心疾患や脳卒中などを招来する確率が大幅に上がりますし、職業や家事などの私生活に何かと悪影響が出がちですので、放置するのは禁物です。

終夜睡眠ポリグラフ検査

睡眠時無呼吸症候群の検査として当院では、「終夜睡眠ポリグラフ検査」を重視しています。この検査は、睡眠障害を評価する際の精密検査で、睡眠中のさまざまな生体情報を同時に記録することが出来ます。

実際に測定するのは、脳波、眼電図、筋電図(顎、下肢)、口・鼻からの気流、胸腹部の運動、心電図、血液の酸素飽和度などです。食道内圧を測定したり、寝ている状態をビデオ記録したりすることもあります。

防音設備の整った静かな暗室で行われ、通常、医療施設に一泊して検査を受けることになります。この検査により、睡眠の質、睡眠呼吸障害の程度(睡眠時無呼吸症候群の重症度判定)、下肢の動き、脈の乱れなど、多くのことを一度に評価出来ます。

CPAP療法による治療

治療の主流は、「CPAP療法」という方法です。

睡眠時無呼吸症候群は8年間放置すると、なんと死亡率が約37%になるという報告もあり、軽視すると怖い病気です。しかしCPAP療法*などできちんと治療すれば、健常人とほとんど生存率は変わらないと考えられています。

家族や友人から、睡眠中の大いびきや呼吸の一時的停止を指摘されたことは無いでしょうか。もしあるとしたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性が疑われるので、専門医への受診をお勧めいたします。

 

CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ):鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、気道の閉塞を取り除く治療法です。
中等症から重症の患者様にとても有効で、今や睡眠時無呼吸症候群の最も重要な治療法となっています。

医院概要

内科・呼吸器内科・アレルギー科・緩和医療

医療法人社団 秀巧会

稲城わかばクリニック

[住所] 〒206-0804
          東京都稲城市百村(もむら)1604-7
[TEL] 042-370-0530
[FAX] 042-370-0531

[最寄り駅]

電車
京王相模原線稲城駅から徒歩5分
南武線稲城長沼駅から徒歩11分

バス 稲城市保健センター
          (京王バス・小田急バス)

駐車場 敷地内に6台あり

診 療 時 間

9:00~12:00

/

15:00~17:00

/

17:00~19:00

/

▲は14:00~

[受付時間]
午前 8:30~11:30
午後 14:30~18:30 ※土曜日は13:30~

[休診日] 日曜日・祝日

院 長 / 関根  秀明

※小児科は関根院長診察時のみ

ページトップ

稲城わかばクリニック モバイルサイト

患者の気持ち 稲城わかばクリニック